アフターピルの特徴を紹介

NO IMAGE

アフターピルは性交後に飲むことで望まない妊娠を防げる

アフターピルとは、望まない妊娠を避けるための薬です。

この薬の特徴は、性行為の後から服用しても避妊ができることです。普通のピルは、毎日飲むことで排卵をコントロールします。アフターピルは、性行為の後からでも避妊の効果を得られるので、コンドームが破れてしまったときなど、緊急時に有効です。

飲み方は簡単で、性行為から72時間以内に服用すれば、90%以上の確率で避妊に成功します。早ければ早いほど高い効果が出ます。これは、普通のピルが排卵を抑えることが目的なのに対して、アフターピルは受精卵の着床を防ぐことを目的にしているためです。

アフターピルは健康保険が適用されません。そのため、費用はクリニックにより異なりますが、診察代や薬代を含めておよそ1万円以上かかります。

万一の時に備えて手元に置いておくという人もいます。ただし、アフターピルはあくまで緊急用の薬です。体のことを考えて常用は避けましょう。

アフターピルには様々な種類がある

アフターピルにはいくつか種類があります。その中でも「ノルレボ」は新しく承認された薬で、高い効果を発揮します。72時間以内に1錠飲むだけなので、飲み忘れの心配が少なく、副作用なども抑えられるのです。

ただし、この薬は健康保険が適用されません。そのため、1錠あたり15000円ほどの費用がかかってしまいます。

ノルレボのジェネリック医薬品である「アイピル」を選べば、費用を抑えられます。基本的な成分や効果は同じで、値段が安いのが特徴です。

今までピルは、ヤッペ法と言われる飲み方が主流でした。ヤッペ法とは、「プラノバール」という薬を72時間以内に2錠飲み、さらにその12時間後に2錠飲むという飲み方のことです。嘔吐や吐き気といった副作用も多く、辛さを伴うことが少なくありませんでした。

しかし、ノルレボやアイピルなら、副作用のリスクが低く、安心して避妊効果を得られるのです。