低用量ピルのフェミロンを紹介

NO IMAGE

フェミロンはエストロゲンの量が少ないのが特徴

フェミロンは低用量ピルの1種です。生理の1日目から服用を始め、1日1錠飲むことによって、体が妊娠中に近い状態になり、避妊効果を得られます。

内容量は1シート21錠で、1ヶ月につき1シート使用します。シート内に含まれる薬のホルモン量が全て同じで、1相性ピルとも呼ばれます。

フェミロンの特徴は、第三世代黄体ホルモンの「デソゲストレル」が使用されているという点です。また、卵胞ホルモンであるエストロゲンの含有量が、低用量ピルの中で最も少ないのも特徴の1つです。そのためフェミロンは、超低用量ピルとも呼ばれます。

フェミロンは低用量ピル「マーベロン」のジェネリック医薬品です。病院では主にマーベロンが処方されます。マーベロンが体質に合えば、フェミロンの服用も問題はありません。はじめはマーベロンの方を使うのがよいでしょう。

健康保険の対象になっていないため、費用は高額になります。

フェミロンは副作用が少ないだけでなく他の病気にも有効

フェミロンの有効成分は、黄体ホルモンのデソゲストレルと、卵胞ホルモンのエチニルエストラジオールが含まれています。デソゲストレルの用量は0.15mg、エチルニルエストラジオールの用量は.02mgです。

デソゲストレルは、アンドロゲン作用と呼ばれる男性化症状が、極めて低い黄体ホルモンとして知られています。そのため、副作用でニキビなどができないのが特徴です。他の副作用の頻度も低いため、人気の低用量ピルです。

フェミロンには避妊以外にも効果があります。

フェミロンで女性ホルモンを摂取すると、月経困難症や月経前症候群の症状が軽くなるというメリットがあります。また、子宮内膜症の進行をとめ、卵巣癌などの重大な病気になるリスクを下げる効果もあります。そのため、生理の時に不安がある場合や、確実に避妊したい人に適している医薬品です。

フェミロンは飲み忘れに注意しましょう。飲み忘れると、避妊効果がなくなってしまいます。投与量の上限は1日1錠で、21日飲んだら7日の休薬期間を設けるという点は、ほかの低用量ピルと変わりません。