低用量ピル「ノベロン」の飲み方と特長

NO IMAGE

生理周期に合わせて21日間飲み1週間空ける

ノベロンは第3世代の低用量ピルである「マーベロン」のジェネリック医薬品です。有効成分はマーベロンと同じで、黄体ホルモンと卵胞ホルモンの作用によって妊娠を阻止します。

錠剤に含まれるホルモンの量は全て同じなので、3相性ピルのように服用する順番を気にする必要がありません。

ピルの中では、男性化症状が少なく、肌荒れやニキビといった副作用が起こりにくいのが特長です。

ノベロンは1枚のシートに薬が21錠入っており、21日間飲み続けたあと、7日間服用を中断します。一般的な生理周期である28日間に1シートを使い切ります。

ピルの中には偽薬が含まれた28錠タイプも存在しますが、ノベロンは21錠タイプのみです。休薬期間を間違えないように気を付ける必要があります。

飲み忘れて丸1日以上が経過した場合、休薬期間を設けてから、サイクルをやりなおさなければいけません。

また、避妊のために低用量ピルを使う場合、健康保険が適用されず、自己負担となります。

女性ホルモンが避妊効果をもたらす!副作用もあるので注意

ノベロンの有効成分は、黄体ホルモンの「デソゲストレル」と、卵胞ホルモンの「エチルニルエストラジオール」の2種類です。

1錠につきデソゲストレルが0.15mg、エチルニルエストラジオールは0.03mgです。これは、ノベロンの元となった薬であるマーベロンと同じ量です。

2つの成分が作用し、卵胞の成長を抑えることで排卵を抑制します。同時に、子宮内膜の成長も阻害されるので、受精卵が着床しにくくなります。さらに、子宮頸管の粘膜の粘度を強くして、精子が子宮の奥に入り込みにくくする効果もあるのです。これらの効果によって、避妊ができます。

ノベロンを飲むと、体内の女性ホルモンのバランスが崩れ、副作用が起こる場合があります。

主な症状は頭痛や倦怠感など、他の低用量ピルと変わりません。特有の副作用として血栓ができる場合があります。血栓ができると血流が阻害され、強い痛みが生じます。その場合、すみやかに病院を受診し、処置を受けましょう。